<スポンサードリンク>



もう濁らない!美味しいアイスティーをいれる方法!


画像引用:http://brand.lipton.jp

濁らないアイスティーをいれる方法はいくつかありますが、家庭でいれるアイスティーはあまり手間や時間がかからない方がいいですよね?

 

今回はティーバッグを使って美味しく澄んだアイスティーをいれる作り方をお教えしますね!ティーバッグはオールマイティーなブレンドになっているので、アイスティーも作れますよ。
大事なポイントは次の3つです。

 

2倍の濃さでいれる

温めたポットに人数分のティーバッグを入れ、通常の半分の量の沸騰したお湯を注ぎます。ふたをして約1分蒸らします。

熱いうちに砂糖を加える

甘みをつけたい時は、蒸らしが終わった段階で砂糖(グラニュー糖がベスト)を加え、混ぜます。砂糖を加えることによって、クリームダウンが起こりにくくなります。

一気に冷やす

グラスいっぱいに氷(クラッシュアイスがあればなお良し)を入れ、紅茶を注ぎます。ここで、紅茶を先にグラスに注いで氷を入れるとクリームダウンが起こりやすくなります。たっぷりの氷の上に紅茶を注いで一気に冷やすのがポイントです!

 

先に砂糖を入れたほうがいいとは知りませんでした。これならわざわざガムシロップを買っておく手間も省けるし、一石二鳥ですね!

 

クリームダウンを起こしてしまった時は?


画像引用:http://2.bp.blogspot.com

それでもうっかりクリームダウンを起こしてしまった時はどうしたらいいのでしょうか?

 

できあがったアイスティーに、さらに熱湯を少し足すと元に戻ります。ただ、味は薄くなってしまうのであまりおすすめはできません。クリームダウンは味には大きな影響はないので、濁ってしまったらミルクティーにしてしまうといいですね。

 

今回はアイスティーについての記事をお届けしました。
みなさんもこのポイントをおさえて、美味しいアイスティーでティータイムを楽しんでくださいね!

 

 

(Visited 1,005 times, 1 visits today)