蒸し暑くなってくると、冷たい飲み物がおいしい季節ですよね!

アイスコーヒーももちろん美味しいですが、最近私はアイスティーにハマっています。きれいに澄んだアイスティーは見た目も涼しげで、ちょっとゆったりした気分にしてくれますよね。

でも、おうちでアイスティーを作ろうとして、なんだか濁ってしまったことはありませんか?見た目も味のうちですから、ちょっと残念な気分になってしまいます。

そこで今回は、アイスティーが濁ってしまう原因と、澄んだ美味しいアイスティーを淹れるコツを調べてみました。


<スポンサードリンク>



アイスティーが濁るのはなぜ?原因は?


画像引用:http://www.coopnet.jp

アイスティーが濁るのは、紅茶の成分の中のタンニンとカフェインが冷却によって結合して、水に溶けない結晶になってしまうからです。この状態をクリームダウンといいます。

 

タンニンは、紅茶に含まれるポリフェノールの一種で、茶葉に含まれるカテキンが発酵するときに作られます。一方のカフェインはご存知のようにコーヒーや紅茶に含まれるアルカロイドの一種です。

タンニンは、金属イオンやたんぱく質、アルカロイドと結合しやすい性質をもっています。紅茶に含まれるタンニンは特に活性が高く、たとえば貧血の治療に使う鉄剤などを紅茶や緑茶で飲んではいけないというのは、薬に含まれる鉄分が、吸収される前にタンニンと結合してしまうからなのです。

 

コーヒーにも、クロロゲン酸というタンニンの一種が含まれていますが、こちらは紅茶ほど活性が高くありません。そのためアイスコーヒーはクリームダウンを起こしにくいのです。

 

クリームダウンを起こしても味に影響はないのですが、見た目が悪くなるので、お客様にお出ししたりするにはちょっと考えてしまいますね。

 

アイスティーが濁るのは茶葉選びにも理由が!


画像引用:http://goope.akamaized.net

タンニンとカフェインが結合するクリームダウンですが、タンニンは紅茶の味を左右する重要な成分でもあります。タンニンが多く含まれていると、渋みの強いはっきりした味になります。逆に少なければ、くせのないスッキリした味になります。

 

アイスティーに適しているのは、一般にタンニンの含有量の少ない茶葉と言われています。

セイロン産の茶葉、特にディンブラはクリームダウンしにくく、味もクセのない、アイスティー向きの茶葉と言えるでしょう。他にキャンディ、ケニアなどもアイスティーに向いています。

逆に、クリームダウンを起こしやすいのはアッサムです。タンニンが強いので、ストレートやミルクティーが向いています。

 

アイスティーによく使われるアールグレイはどうなのでしょう?
実はアールグレイとは茶葉の銘柄の名前ではありません。中国紅茶などをブレンドしたものをベースに、ベルガモットのオイルでフレーバーをつけたものをアールグレイと呼ぶのです。

ですから、ブレンドのベースに何の茶葉を使用しているかは、メーカーによって異なります。ただし、フレーバーを引き立たせるためには、あまり主張の強い茶葉をベースにすることはできませんから、アイスティーには適していると言ってもいいでしょう。ベルガモットの香りがキリッと爽やかにしてくれますね。

 

次のページでは、濁らない美味しいアイスティーをいれる方法をお教えしますよ!

(Visited 593 times, 1 visits today)