<スポンサードリンク>



夏休みにじっくり!小学生のこだわり工作アイデア!【女の子】

羊毛フェルト


画像引用:https://image-kinarino.ssl.k-img.com

最近は100均でもフェルトのキットが売っていますね。これには、羊毛フェルト数種とニードル、アクセサリーパーツなど一通り必要なものが入っています。

キットの通りに作るのもいいのですが、それを使ってオリジナルなものを作るのもいいですよ!

100均では羊毛フェルトだけが数色セットになったものも扱っていますので、これを買い足せばもっとバリエーションに富んだものが作れますね!

 

織り物


画像引用:http://s.eximg.jp

編み物はまだちょっと難しい小学生でも簡単にオリジナルの手織り物が作れます!特別な織り機がなくても、ダンボールでOK!そのままタペストリーとして飾っても、二つ折りにして縫い合わせミニポーチにしても楽しいですよ。

用意するもの 段ボール 毛糸2種類 はさみ セロテープ プラスティックフォーク

くわしい作り方はこちらを参考にしてもらうとして、さらにアレンジを加えるなら、織り機の段ボールを円形にカットし、周囲に放射状になるように縦糸を張ったら、中央からぐるぐると織っていくと、円形の布ができます。端糸を始末するとき、ビーズなどを編みこんでもかわいいですよ!

 

ドールハウス


画像引用:http://mago.pepper.jp

なかなか難易度高めのドールハウスですが、こちらのサイトではどこの家庭にも一つくらいはありそうな、amazonの段ボールを使ったドールハウスの作り方が紹介されています。型紙が載っていて、そのまま使えるので便利です。

デコレーションは色を塗ったり、窓やドアをつけたり、思い思いのアレンジをしてみてください。このドールハウスは3つに開くことができるので、インテリアも色々考えられて楽しそうですよ!

 

プラ板小物


画像引用:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

最近プラ板小物は大人にも人気です。ちょっとこだわった作りかたで、親子でオリジナル作品を作っちゃいましょう。

ヘアゴムなどのアクセサリーだけでなく、マグネットや、たくさんつなげてモビールなども楽しいですよ!

基本的なプラ板の作り方はご存知の方も多いと思うので、プラスワンのアイデアをご紹介しますね。

①色鉛筆で色を塗る 紙やすりで表面をざらざらに荒らすと、色鉛筆で塗れるようになります。細い線やグラデーションが出せて素敵です。焼くと色が濃くなりますので、薄くても大丈夫!

②ラメ入りのマニキュアを塗る マニキュアは焼きあがってから塗りましょう!(焦げます)

③焼いた後、さらにレジンを塗って立体感を出す ラメやスパンコールなどを乗せて、レジンをかぶせてもいいですね。

④焼いた後、熱いうちにペン軸などに押し付けてカーブをつける (火傷しないよう、軍手などを使用してくださいね。)

 

牛乳パックのスツール


画像引用:http://imgcp.aacdn.jp
牛乳パックにキルティングの布を貼ったかわいいスツールを作ってみませんか?牛乳パックで作ったとは思えないほどしっかりしたイスになりますよ。

用意するもの 牛乳パック(1ℓサイズ、洗って乾かしておく)24個 段ボール はさみ 布製ガムテープ ビニールテープ キルティング布90cm×55cm

くわしい作り方はこちらを参照してください。

このスツールを作るのに、一番重要なのは牛乳パックを24個用意することです!普段から貯めている人ならいいですが、思い立ってすぐに集められる量ではありませんから、夏休み前から準備に入る必要がありそうですね!

 

じっくり工作派は計画が要!

今回はちょっと面白いもの、難易度高めでやりがいのありそうなものや、ちょっと手を加えたアレンジで差がつけられそうなものを集めてみました。材料集めなども考えたら、なかなかの長期戦になるものもありますので、しっかり計画を立てて取り組んで下さいね!

 

(Visited 3,969 times, 4 visits today)