<スポンサードリンク>



夏休み 簡単自由研究アイデア 中学年(3年生~4年生)

3年生、4年生には、実験の結果を食べたり遊んだりして楽しむことができるテーマを選んでみました。最後にお楽しみがあれば、がんばれそうですよね!

食べてみてどうだったか、遊んでみてどうだったかの感想もあわせてまとめれば、いい自由研究になりますよ!

 

透明な氷を作ろう!


画像引用:http://u2.m3q.jp

家の冷蔵庫で、かき氷屋さんのような透明な氷を作る実験です。

用意するもの 水 鍋 製氷皿 わりばし

1    水を鍋に入れ、一度沸騰をさせてから冷ます。

2     1の水がよく冷めたら、製氷皿に静かに注ぐ。

3     冷凍庫の中にわりばしを置き、製氷皿をその上に置いて凍らせる。
※製氷皿が直接冷凍庫に触れないように注意

できた氷を飲み物に入れたり、かき氷にしてみて写真に撮ると楽しいですね!

 

ジャンボしゃぼん玉を作ろう!


画像引用:http://www.tnc.ne.jp

割れにくい大きなしゃぼん玉は、どうしたらできるのか?それぞれの成分が何のために配合されているのか調べてまとめるとおもしろくなりそうです。

用意するもの(約2リットルのシャボン液分)
食器洗い洗剤250ml 洗濯のり(成分を確かめてPVAと書いてあるもの)500ml
ガムシロップ60g ぬるま湯1000ml 針金ハンガー 毛糸 ペットボトル(2ℓ用)

1. ペットボトルに、食器洗い洗剤と洗濯のり、ガムシロップを入れ、ぬるま湯を注ぎます。フタをしめて、よく振ってまぜます。そのまま1日おいて、泡が落ち着くのを待ちます。

2. 針金ハンガーを丸く変形させて、輪を作ります。シャボン液を含ませるために、輪の部分に毛糸を巻きつけます。

3. 洗面器やたらいなど、輪全体が入る平たい容器にシャボン液を注ぎ、輪を浸します。そっと持ち上げて、ゆっくりと動かすとシャボンの膜がふくらみます。手首を返すとシャボンが輪から離れて玉になります。

 

豆腐を作ってみよう!


画像引用:http://livedoor.blogimg.jp

毎日食べている豆腐が、どうやってできているのか試してみる実験です。本当は大豆から作るのがいいのですが、今回は簡単な豆乳を利用する方法を紹介します。

用意するもの 豆乳(成分無調整で、大豆固形分12%以上のもの) 豆腐用にがり 鍋 調理用温度計 へら

1. 豆乳を鍋にいれ、へらで混ぜながら弱火で温めます。

2. 温度が70℃~75℃になったら火を止め、 にがりをへらに伝わせて入れ、十文字を書くようにゆっくり10回ほど混ぜます。(にがりの量は、製品により濃度が違うのでパッケージの説明に従ってください。)

3. 透明な水と白い凝固分に分かれてきたら、ふたをして15分ほど置きます。

4. キッチンペーパーを敷いたざるにおたまで移し、20分ほど水を切ったらざる豆腐ができます。

にがりの量を変えてみたり、水切り時間を変えるとどう結果が変わるのか、調べてみるのもいいですね。

 

次のページは高学年(小学校5年生~6年生)におすすめの自由研究についてです。

(Visited 4,884 times, 33 visits today)