夏休みの宿題には必ずと言っていいほど出される「自由研究」ですが、親子ともにこれが一番の難敵ではないでしょうか?

テーマ選びに困る、なかなか続かない、部活や旅行などで色々忙しいetc…。

そこで今回は、時間がなくても1日から3日もあれば完成できる簡単な自由研究のアイデアを、小学生向け、中学生向け、それぞれご紹介していきます!

さらに、子どもの自由研究への親の上手な関わり方もアドバイスいたします!


<スポンサードリンク>



夏休み 簡単自由研究アイデア 低学年(1年生~2年生)

低学年では、自由研究が宿題になるのはやや少ないかもしれませんね。
夏休みの旅行や帰省を利用して、楽しんで取り組めるものにしてみましょう。

海水で塩をつくってみよう!


画像引用:http://www.ajiwai.com

夏休みに海水浴に行く予定があるなら、ペットボトルに海の水を汲んできて、それを鍋で煮詰めて塩を作ってみましょう。

用意するもの 海水・鍋・コーヒーフィルター(ゴミなどを漉すのに使う)

1.海水をろ紙でろ過して海水中のごみを除きます。

2.なべに海水を入れて10分の1くらいの量になるまで煮つめます。

3.煮つまった海水をまたろ過します。このとき、なべはだについた白い物質(せっこう)は洗ってきれいにしておきましょう。

4.ろ過した海水を再び煮つめると塩がでてきます。最後まで煮つめずに、水分が少し残っているところでやめます。

 

煮詰める過程を写真に記録したり、できあがった塩の量を測ったり、顕微鏡やルーペで観察したりしたものをまとめればOK。
(火を使いますので、実験の際は必ず保護者の方が見守ってくださいね。)

 

昔の遊びをしらべよう!


画像引用:http://3.bp.blogspot.com

両親や、おじいさんおばあさんに昔の遊びを教えてもらって、実際に遊んでみた感想などをまとめてみましょう。お盆の帰省など利用するといいですね。時間があれば、遊びの道具を手作りしてみるのも楽しいですよ!

 

水に浮く野菜をしらべよう!


画像引用:http://www.space-park.jp

色々な野菜や果物を水に入れてみて、浮かぶか沈むかを調べてみましょう。
ガラスボウルなど、透明な容器を使い、結果を写真にとって貼るとわかりやすくなります。

塩水や、砂糖水だと結果が変わるか比べてみるとさらにいいですね。

浮かぶ野菜と沈む野菜の何が違うのか、考えてみた結果をまとめてみましょう。

 

次のページは中学年(小学校3年生~4年生)におすすめの自由研究テーマです!

(Visited 2,303 times, 1 visits today)