<スポンサードリンク>

五月病予防対策5 偉人の言葉や元気のでる話を読む・聞く

8ad7e0f721e5a678c303ee252927ea12
画像引用:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

偉人の言葉や元気のでる話などを読んで、新しい上の目標を立てます。
偉人の言葉はどれもいいものなので、心にグッとくる言葉を探したり、新しい目標を立ててそれに向かって邁進するのもいいですね。
この他にも、
・「自己啓発の本を読む」
・「スピリチュアル系のいい話を読む」
なども、心の栄養になっていいと思います。

原因となるストレスの元をいつまでもくよくよ悩んでいるのではなく、好きなことをやって意識をそらすのも大切です。

五月病予防対策6 暗くなるニュースや、ネットやニュース番組を見ない

うつを最も加速させてしまうのが、この「暗いニュースを見る」です。
人間は注目したものの情報を集めてしまうものなので、暗いニュースを見るのではなく、できるだけ明るいニュースを見るようにしましょう。
特に、ネットなどで暗くなるニュースやひどいニュース、悲惨なニュースばかりを見てしまう人は心を病みやすい傾向にあります。
明るくなりたい時には「ホラー映画」を見ないのと同じように、
「怖くなりたくないなら怖い番組は見ない」というのが有効です。

明るく過ごしたいというのに、自分から進んで不安になるようなニュースを見るのは良くないですからね。

社会情勢のニュースを見るのは仕方ないですが、一日のうちにできるだけ明るいニュース、
面白い番組などを見てストレス発散しましょう。

次のページへ

(Visited 296 times, 1 visits today)