この時期になるとよく聞く五月病。

春になると、新生活や新社会人の人がかかりやすいというこの五月病ですが、「これって一体なんなの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?
五月病チェック方法とは?
どんな病気なの?
をみていきましょう!

<スポンサードリンク>

五月病ってどんな病気?

五月病とはよく聞きますが、実際はどんな病気なのでしょうか?

五月病とは?

新人社員や大学の新入生などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。

日本においては、新年度の4月には入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称がある。
「さつきびょう」は誤読。

引用:https://ja.wikipedia.org

新社会人や大学の新入生などに多くみられるこの五月病
新しい環境に適応できないことによる「うつ」的な症状だといいます。

「なんだか気分がすぐれない」
「憂鬱」という気分そのものが五月病だということですね。

6月になると梅雨にもなるし、春は楽しい反面、こうした問題を抱える人もいるようです。

五月病の主な症状とは?

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

まず、五月病の主な症状とはどんなものなのでしょうか?
代表的な症状は以下の通りです

・なんとなく気分が落ち込む
・不安感がある
・疲れやすい
・仕事や勉強、家事などに集中できない
・眠れない
・焦りや苛立ち
・無気力感がある

など。

このような倦怠感(けんたいかん)や虚脱感(きょだつかん)に当てはまった人は、五月病の可能性があります。

さらに五月病の症状が進むと、肉体的な症状も出てきます。

・胃の痛み
・めまい
・動機(どうき)
・呼吸の浅さ(息苦しさ)
・食欲不信
・不眠

など。

この症状が半年以上続くようであれば、うつ病の疑いがあります。
早めにお医者さんの診断を受けたほうがいいですね。

それでは、五月病のチェック方法は?次のページへ

(Visited 121 times, 1 visits today)