10月31日はハロウィンですね!
E382B8E383A3E38383E382AFE383BBE382AAE383BBE383A9E383B3E382BFE383B3
引用:
http://i2.wp.com/torendo.org
日本でもだんだん知られてくるようになったハロウィン。
ディズニーランドやお菓子メーカーなどでもハロウィン商品で盛り上がっています。

「この日はオバケの仮装をして、かぼちゃのランタンを飾って~」
でも、どうしてオバケの仮装やカボチャのランプを飾るのでしょうか?

今回は、
・ハロウィンの起源・由来
・仮装やかぼちゃの意味
・ハロウィンなの?ハロウィーンなの?
を調べてみました!

意外に知らないハロウィンの物語、これを知っていたらハロウィンがもっと楽しめますよ♪

<スポンサードリンク>

ハロウィンの起源と由来

300x200x150703-300x200.jpg.pagespeed.ic.PPCUVRpxwl
引用:http://e-jyouhou.com
ハロウィンは、もともとは古代ケルト人のお祭りです。
もともとは秋の収穫を祝うお祭りのことで、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのお祭りでした。

古代ケルト人たちの間では、10月31日が一年の終わり、日本で言う「大晦日」のような日で、
「亡くなった人の魂がこの世に帰ってくる」とされていました。
日本の『お盆』にも似ていますね。
関連記事
2015年のお盆休みはいつからいつまで?お盆の意味と由来!

この日は亡くなった人の魂と同時に、「悪魔や魔物もやってくる」と信じられていて、
その魔物は作物や家畜に悪い影響を与えたり、子供をさらったりすると言われていました。
そこで、「子供たちの魂が魔物に取られないようにしよう」と、魔物に見せかけたオバケの衣装を着ることでハロウィンの時期だけ『オバケ』に仮装させ、子供たちを守っていたそうです。

それが今の「仮装」の起源になります。

この他にも悪霊を追い払うために、
『仮面』を被ったり、『魔よけの焚き火』もしたそうです。

この祭りがやがてキリスト教の前夜祭合体し、
カトリックが「聖者の日」と定めていた「11月1日」の前夜『10月31日』を、
諸聖人の英語(旧称)“All Hallows”の前夜(eve)、
“Hallows eve(ハローイブ)“がなまってなまって、
“Halloween(ハロウィン)”と呼ばれるようになりました。

12月25日前夜12月24日を「クリスマスイブ」と呼ぶのと一緒ですね。

今では特に宗教的な意味合いもなく、
アメリカなどでは『普通のお祭り』として楽しまれているようです。

カボチャのお化け”ジャックランタン”の意味は次のページへ(下の青いボタンになります)

(Visited 53,671 times, 1 visits today)