<スポンサードリンク>

<粽>
粽は中国の戦国時代、楚(そ)の高名な詩人、屈原(くつげん)は国王の側近としてつかえ、人々からも慕われていました。
しかし、陰謀のため国を追われることになった屈原は、ついに川に身を投げてしまったのです。

その日が5月5日で、屈原の死を悲しんだ人々は、たくさんの「ちまき」を川に投げ入れて
弔ったのです。

ところがある日、里の住人が川のほとりで屈原の幽霊に出会います。
屈原いわく、「里の者が毎年供物(くもつ)をささげてくれるのはたいへんありがたいが、せっかく捧げてくれた供物も、悪い龍に食べられてしまう」と言うのです。
「だから、今度からは龍が苦手としている楝樹(れんじゅ)の葉で米を包み、五色の糸で縛ってほしい」と
言いました。

この「楝樹の葉で包んだお米」が粽(ちまき)の始まりだと言われています。

20763648_v1268899934
引用:http://i2.wp.com/

この屈原の故事から、中国では5月5日の節句に、
節物として「ちまき」を作り、親戚や知人に配るという習わしが生まれたのです。

さらに、5月は急に暑くなる季節ですので、昔から病気にかかりやすく、
亡くなる人が多かったそうです。
そのため、「粽」を作って災いを避けるというのが端午の節句の風習になりました。

また、粽に結んだ
「赤・青・黄色・白・黒」の5色の色は、子供が無事に育つようにとの
魔よけの意味を込めて、「鯉のぼり」の色としても使われています。
8_02_0
引用:http://www.kougetsu.com/
確かに、鯉のぼりの色は5色ですね。

関西では粽?関東では柏餅?

timaki-kansai-kantou-tigai01
引用:http://chiebukuro.atarashisouta.com/
また、関西では「粽」、関東では「柏餅」と地域によって食べ物が分かれているようですが、
これは中国の文化の影響を強く受けた関西と、
江戸文化が主流となっている関東との違いがあるためです。

関西では「ちまき食べたべ兄さんが~♪」とも歌われているんですって。

面白いですね♪
あなたのお家では何を食べますか?^^

おまけ動画・ちまきのつくり方

柏餅の作り方

今はアンパンマンの柏餅というのもあるんですね♪

日本のお母さんはいろいろ工夫していてすごいです!

皆さんもおうちで手作りの柏餅、粽つくりに挑戦してみては?

(Visited 998 times, 1 visits today)