毎日暑い日が続きますね。
obon
引用:http://conexions.org/
日本の伝統行事であるお盆は、いつからいつまでなのでしょうか?

帰宅ラッシュで親戚が集まったり、お墓参りに行ったりする人も多いですよね^^
冷たいそうめんにスイカ、甲子園の試合を見たり・・なんだか待ち遠しくなってきました。

今日は、
・2015年のお盆休みはいつからいつまで?
・そもそもお盆ってなに?
・きゅうりやナスのお供え物の意味は?

を見ていきたいと思います。

<スポンサードリンク>

お盆休みはいつから?

obonkikan
お盆休みは、一般に8月13日から8月16日になります。
2015年は、大体4連休のところが多いみたいですね。

土日をはさんでいるので実際の休みは少ないですが、
工場や大企業など、お盆休みを長くとる企業では、多いところで9連休もあります。

今から楽しみですね~!!^^

お盆の意味と由来

article_34_1
引用:http://sousai-net.jp/
そもそもお盆とはなんでしょうか?
お盆は、亡くなった先祖の霊が帰ってくる日です。

仏教用語の「盂蘭盆(うらぼん)」の省略で「お盆」と呼ばれるようになり、
」はもともと、霊に対する供物を置く容器を意味します。
img67956827
引用:http://www.ndsweatshops.com/
お盆の正確な起源はわかっていませんが、1年に2度、初春と初秋の満月の日に、
先祖の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事がありました。

それが、初春のものが先祖の霊の年神(としがみ)として、神格を強調されて、
正月」になったり、
初秋のものが「盂蘭盆」と習合して、仏教の「お盆」の行事になったと言われています。

この期間は、おじいちゃんおばあちゃんのお墓参りに行ったり、
8月13日夕方には、玄関に「私たちのお家はここですよ。迷わずに帰ってきてくださいね」との意味をこめて、「迎え火」を焚いてご先祖さまの霊をお迎えして、
3日間のお墓参りをして、仏壇にお膳をそなえ、
8月16日夕方に「送り火」を焚いて、ご先祖様に帰ってもらったりします。

この期間は、先祖の霊が動物や虫の姿に変わって里帰りするとも言われるので、
むやみに殺生するのはよくないとされています。

さらに、お盆には川や海に入ると、霊に引きずり込まれて死んでしまう、と言われ、
お盆期間中は川や海での水遊びはしてはいけないという言い伝えがあります。
(この時期はクラゲが大量に発生するので、それに刺されないようにするため。とも言われています)

このお盆の行事は、地方や地域によってバラつきがあり、
マンションなどでは危ないので「迎え火」ができない家は、
玄関先に「提灯(ちょうちん)」をかざったり、
家の門口や玄関で素焼の焙烙(ほうろく)に、「オガラ」と呼ばれる皮をはいだ麻の茎を折って
つみ重ね、火をつけて燃し、その場で合掌したり、
松の木を切ったものを燃やしている家もあります。

また、次男で本家から独立して暮らしている家には、そもそもご先祖様がいないので、
お盆に仏様がいないため、やっていないという家もありますね。

各地の送り火は次のページへ(下の青いボタンになります)

(Visited 2,598 times, 1 visits today)