<スポンサードリンク>

66c6e8f9-f821-44c9-810f-b4b99ceb0afe
引用:http://whats.be/116417

少しでも生存率を上げるためにジャンプする
×これは絶対にやってはいけないことです

「地面に叩きつけられる瞬間に空中にぴょーんとジャンプしていれば、衝撃を受けなくて済むんじゃない!?」
とか、そんなゲームみたいなことは現実には絶対ありません。

cc2c2cc7-187d-46b4-9420-a55a73c64ef7
引用:http://whats.be/116417
落下するエレベーターの速度よりも強い力で上に飛び上がらなければいけないため、
人間のジャンプ力ではまず助からないとか。
エレベーターの床に叩きつけられてしまうそうです。

では、実際の対処法は?

(1)積み上げた荷物の上に乗る
b1bff1bf-2281-4ca9-8583-4624035a047b
引用:http://whats.be/116417

エレベーターが地面に衝突する際の衝撃を少しでもやわらげるため、持っている荷物を積み上げて、その上に乗るというもの。
これが一番効果的な方法だといいます。
スーツケースや荷物などを積み上げてその上に乗り、できるだけ床と自分との距離をとることです。

(2)手すりに体をあずける
7184d19f-5e3c-4a8c-9e6b-dbb558cc4b0d
引用:http://whats.be/116417
「荷物などを持っていない!」という場合は、手すりに体をあずける方法があります
足を開いて、体重を壁にかければ、衝撃をかなり軽減することができるそうです。

(3)膝を曲げる
577d1bf4-d0cd-428d-9b6e-beb9f4187127
引用:http://whats.be/116417
荷物もなく、手すりにつかまることすらできない満員状態の時は、「膝を曲げること」。
たったこれだけで、結果はかなり違ってきます。

スポーツをやっていた方ならわかると思いますが、高いところから飛び降りたり、
ジャンプして着地するときに、膝を思いっきり曲げて着地するようにすると、
膝がクッションのような役割を果たす緩衝材(かんしょうざい)になって、地面からの衝撃をやわらげてくれます。

まとめ

地震時にエレベーターに乗っていた時の対処法、いかがでしたか?
・揺れを感じたら、ただちに全部の階のボタンを押す
・エレベーターが落ちたときは持っている荷物の上に乗る
など、今まで知らなかったことばかりでしたね。

エレベーターが落ちるなんて考えたくもありませんが、、
これから大きな地震が頻繁に起こると予想されている日本、
万が一の事態のために、知っていても損はない知識です

箱の中に閉じ込められているので身動きはとれませんが、大事なのは
少しでも生き残る確率を上げること。

この方法をしっかりと頭に入れておきましょう。

(Visited 2,111 times, 1 visits today)