<スポンサードリンク>

日本で広まったのはいつ?

E382B8E383A5E383BCE383B3E38396E383A9E382A4E38389
引用:http://zexy.net/
ジューンブライドがヨーロッパで広まったのはわかりますが、
では日本に広まったきっかけはなんだったのでしょうか?

ヨーロッパでは気候のいい6月
しかし日本では梅雨真っ只中となり、湿気も多く、蒸し暑い季節でもあります。

昔の日本はまだジューンブライドという言葉もあまり知られていなかったため、
全国のホテルで梅雨時期にある6月に挙式をあげるカップルがほとんどいなく、
閑散としていました。
当時は空調設備の能力も低く、現在ほど除湿も十分ではなかったのです。

式場がどこも空っぽのため、ホテルの支配人たちは困ってしまいました。
梅雨時期に落ち込む一方の売上をどうにかしたいと思っていたところ、
1967年頃、ホテルオークラの副社長が、海外の結婚式事情を調べて、
ジューンブライドを発見

ヨーロッパの「6月の花嫁」の言い伝えにあやかることにしました。

これを知ったウェディング業界は、
6月に結婚した花嫁は幸せになれますよ!」という宣伝活動を始めます。

梅雨の時期でも、6月に結婚した花嫁は幸せになれます。と
いう宣伝が全国的に広まり、
今では日本中でジューンブライドが知られるようになったわけです

こうして現在でも、ジューンブライド、6月の花嫁伝説は受け継がれているわけですね。

まとめ

c20100622_otomebu_02_cs1w1_290x
引用:http://dengekionline.com/

ジューンブライドの意味と由来、起源について、いかがでしたか?

6月の結婚にもさまざまな意味がありますね。

個人的には、ローマ神話のJuno(ユーノー)説が一番有力じゃないかな?
と思います。

女神に結婚生活を守護されるなんて素敵ですね~。

3月~5月が農作業の時期で、結婚が禁止されていたのには驚きましたね。
ヨーロッパ全体で「なんとなく結婚できない雰囲気」みたいなものがあったのでしょうか(笑)

ヨーロッパの花嫁たちはさぞこの日を楽しみにしていたでしょうね♪
街中お祝いムードに包まれるなんて幸せいっぱいで素敵です。

日本でも梅雨の時期の憂鬱な気分を吹き飛ばす
結婚式のイメージが定着して良かったと思います。

6月に結婚、っていうとなんだか幸せなイメージがありますもんね^^

6月に結婚を決めている花嫁のみなさん、おめでとうございます。
これからも末永くお幸せに。

(Visited 1,895 times, 1 visits today)