<スポンサードリンク>

台風6号に続いて、太平洋上では現在、台風7号が発達。

6号のあとにさらに7号が近づいてきています。

5月9日に7つ目の台風が観測されたのは、観測史上最も早いといいます。

台風が多く発生している赤道の
北川付近の海水温が平年より1~2度高いことが主な理由とみられ、
今後もしばらく台風が多く発生する環境が続くとみられています。

台風対策

台風6号が接近している今、強弱を繰り返しながら雨が降り、
雷が鳴ることもあります。

落雷などの影響で、停電が発生することも考えられます。
食品の買い出しなど、台風への備えは、
台風の影響が少ないうちに済ませておくようにしましょう

13日には日本の南まで北上してくる予想ですので、
九州地方の方は注意していてください。

米軍(アメリカ海軍)台風情報とは?

アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)が発表する台風情報です。
この台風情報は、本来は米軍の政府機関による利用を意図した情報であり、
一般の人々もアクセスすることができます

米軍台風情報
http://www.usno.navy.mil/JTWC/
※英語で書かれているので翻訳が必要です。

台風に関しての情報は必ずしも正しいとは言えませんが、
米軍が沖縄にいる自国の兵士を守るために発表している情報なので
十分信頼できる情報です。

気象庁の情報と合わせて、複数の信頼できる情報源から
データを比較検討しながら、台風に関しての情報を総合的に判断してみましょう。

(Visited 882 times, 1 visits today)