春になって、新入生が入学する時期。
sp_1a
引用:http://putiya.com/
クラスでも一人は「早生まれ」の子がいるんじゃないでしょうか?

ところで早生まれってなに?という
いまさら聞けない疑問が出てきたので、調べてみました。
・早生れはいつから?
・早生まれとは?
・メリット・デメリットって?

皆さんは「早生まれ」について詳しく説明できますか?
これを知っていたらお子さんにも尊敬されるかもしれません。

さっそく見ていきましょう!

<スポンサードリンク>

早生れとは?

dcc1be1a
引用:http://livedoor.blogimg.jp/
早生れとは、1月1日から4月1日生まれの人を指します。

小学校の学年が「4月1日にはじまり、翌年の3月31日に終わる」と
定められているので、4月1日に満6歳になっている子供は入学できる、
というわけですね。

早生れの子では入学式で一緒になった同級生より、1歳近く
年が離れている、幼く見える、なんてこともあります。

本当なら下の学年に入ってもおかしくないのに、前の年に生まれた子供と一緒の学年になった、
ということですね。

ややこしいのですが(笑)

2001年の4月1日誕生日の早子さんの同級生に、2000年4月2日生まれの前子さんがいる場合、
早子さんが6歳で入学するのに対し、前子さんは入学式の時点ではすでに7歳になっています。

3月後半の生まれだと、早子さんは約1年後、2002年の4月1日にやっと7歳になるということです。
(前子さんは次の日8歳)

そのため、同級生の中でも「ちょっと幼い」「授業についていけるかしら?」などの
心配の種になるそうです。

早生れの数え年

さらに、早生まれには「数え年」も関係してきます。
日本の法律上では、
●民法上、年を取るのは誕生日前日の深夜12時
とされているので、
4月1日生まれの人の場合、前日の3月31日に年を取ることになります。

さらに、
●学校教育法では、「子女が満6歳に達した翌日以降における、最初の学年の初めから小学校に行く」
定められているので、
4月1日生まれは民法上、3月31日に加齢するため、
前の年度に入れられるようになったわけです。

次のページへ(下の青いボタンになります)

(Visited 4,774 times, 1 visits today)