札幌雪祭り2018日程
今年もやってきました札幌雪まつり!今回はその楽しみ方とポイントを道民目線で書いていきたいと思います!
さっぽろ雪祭り日程いつからいつまで
アクセス方法は?
最後に道民ならではの雪まつりの楽しみ方を載せておきました!


<スポンサードリンク>

今年もやってきました札幌雪まつり!
北海道の冬を満喫するイベントの一つとして人気ですね
http://www.sapporo.travel/sightseeing.photolibrary/

最近の雪祭りでは大規模なプロジェクションマッピングやスターウォーズの雪像などが人気を博していましたね

そんな雪まつりを全力で楽しむためのポイントをお届けします

1 さっぽろ雪まつりの日程は?いつからいつまで?

まずは基本的な情報からお伝えしていきます。

第69回さっぽろ雪まつり

会期
大通すすきの会場:2018/2/5(月)~2/12(月)
つどーむ会場  :2018/2/1(木)~2/12(月)

会場
大通会場    : 大通公園西1丁目から西2丁目
つどーむ会場  : 札幌市スポーツ交流施設 「つどーむ」
すすきの会場  : 南4条通から南7条通までの駅前通

・来場者264万人!(大通192万人 つどーむ72万人 2017)

・大雪像と市民による雪像が置いてあります

詳しい内容はまだ未定とのことです。随時ホームページでご確認ください。(2017/11/4現在)

2 雪祭りの楽しみ方 

雪祭りってどう楽しむのか分からない。そんな人が多いと思います。ここだけ押さえれば満喫!というポイントをお伝えします。

自衛隊と市民共同の大雪像

なんといってもこの迫力!一度見たら忘れられない記憶になること間違いなし!
今年度は何を製作するかはまだ決まっていませんが、去年のものをお見せしましょう!

http://eventsearch.jp/hokkaido/sapporo/susukino/81324

https://matcha-jp.com/en/1688

とりあえずこの大雪像を見れば満足できます(笑)おすすめは夜暗くなってからみることです!22時までライトアップしていますので時間のある方はぜひ夜行ってみてください。

プロジェクションマッピング

www.youtube.com/watch?v=ZZmgT7tOenI

いやーこれは圧巻でしたね。

札幌の夜、幻想的に映し出される映像と、寒さによる異国のような感じが非日常にいる感覚にしてくれます。

まるで自然の映画館です。冷房ききすぎですけどね!(笑)

2013年から実施されたらしく、毎年来場者が多いので混雑が予想されます。それなりの覚悟をもって見に行きましょう!

北海道といえば、食!

雪像を楽しむのも大切ですが、見ているだけでは凍えます・・

うめぇもん食べて、体あっためるべぁ!

・・・ということで、大通、すすきのにある食についてみていきましょう(笑)

6丁目にある「北海道食の広場」

いわゆる出店でしょ?なんて、なめてはいけません。だって北海道ですよ??

ホタテ!カニ!ジンギスカン!

寒さに凍えながら食べるカニのスープはおいしかったです。
絶対行ってくださいね!

http://www.hokkaidolikers.com/articles/1876

 

3 寒さ対策バッチリ?

北海道のこの時期、平均気温はなんとー3℃・・・冷蔵庫の中より寒いです

なめてかかると冷蔵されてしまうこの気温。大切なのは防寒対策。ということで道民が実際にやってる防寒対策をお伝えします。


フード付きのジャンバーがあると便利です。もしなくても耳当てを帽子の上からつければ問題ありません。


フード付きだと自然と覆われるので油断しがちですが、隙間から風が入るだけで凍えます。3つの首を冷やさないようにとよく言われますが、首、手首、足首ですね。マフラーなどをまいてしっかり対策しましょう。


とりあえずモコモコしてたら大丈夫!着こめば問題ありません。


手袋絶対にしましょう。秋につけるような隙間が少しあいてるものはなるべく避けましょう。スキーに行く気分でしっかり風と雪に対応するものをそろえましょう。


服装は暖かければ何でもいいのですが、問題はです。滑りますし、丈が短いと横から雪が入ってきます。スパイクかゴム製の滑り止めがきちんとついていて、足首より上まで覆えるようなものを履きましょう。道民はたまに、ビニール袋をはいて、うえからガムテープでまいたりして雪が入っても大丈夫にします。

あとはカイロがあるといいですね。貼るタイプならなおよし。服の上からおなかや背中に貼りましょう。

ゴーグルはいりませんよー(笑)

4 アクセス

上にも書きましたが、会場は3つ

大通(メイン)
地下鉄南北線、東西線、東豊線というものがあり、3つとも大通駅があります。

個人的に大通駅の27番出口を出ることをお勧めします。

テレビ塔の真下に出でます。とりあえずテレビ塔の写真撮って、うまいもの食べたい方にお勧め(笑)

つどーむ
地下鉄東豊線の栄町駅の2番出口で下車して15分くらい歩きます。シャトルバスの運行があるので、それに合わせていくことをお勧めします。15分寒いですよ

すすきの
地下鉄南北線のすすきの駅で下車。5番出口で出ると建物の中を通るのですこし暖かく、出口をでると、すすきの!って感じを味わえるとおもいます。

5 その他イベント

少し時間があるのでしたら、

小樽や定山渓、旭山動物園、クマ牧場、流氷、ワカサギ釣り、スキー

冬の小樽運河http://photozou.jp/photo/show/294872/32512040

など北海道の冬レジャーを満喫してみてはいかがでしょうか。

個人的に、小樽がお勧めです。北海道はでっかいどうとよく言われますが、ほんとに広く、移動に時間がかかります。小樽はそのほかに比べて比較的行きやすく、ガラス、オルゴールなど冬に映えるものがたくさんあります。

6 道民流 雪まつりの楽しみ方

さあ最後にツウな楽しみ方を教えましょう

まず大通の大雪像は見てください。道民も楽しみにしています!

つぎにあまり認知されていないように思うのですが、国際コンクールという雪像
のコンクールがありまして、各国の特色を雪で表現しています。各国の色が出ていてとても面白いですよ!

http://www.snowfes.com/about/contest_lib.html

さて、雪像ですが、次第に新鮮味が薄れて、ほかのことがしたくなります(笑)

じゃあ何するか

ですよね

さあ移動です。

大通駅から1つ隣のすすきのへ移動しましょう。

上にも書いたようにすすきのにも雪像があります。大通に比べて人が少なく、食はもちろんおいしく、ライトアップも大人っぽく、「すすきの」を全力で感じることができます。

http://sap-hack.jp/wp-content/uploads/2016/12/imgf9264dc6zik3zj.jpeg
おすすめはたくさんありますが、ラーメン食べ比べです。すすきのにはラーメン屋がたくさんあります。

あとはスープカレーですね。SAMURAIスープカレーが個人的にお勧めです。

https://mainichibeer.jp/archives/4732

寒さに凍えるまえにすすきのに移動して、目だけでなく、体全体で雪まつりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

さていかがだったでしょうか。筆者は書いていてとても行きたくなりました!

冬といえばやっぱり雪まつり。雪まつりも楽しみつつ、冬の北海道を全力で満喫してください!

 

(Visited 16 times, 1 visits today)