冬は空気が乾燥する。乾燥すると静電気が起こる。
今年もパチパチ君がまとわりつく季節が近づいてきました。
梅雨のジメジメもうっとうしいですが、冬のパチパチもテンションだだ下がりになります。
しかし、よくよく観察すると、静電気が起きやすい人とそうでない人がいますね。一体どういう違いがあるのでしょう?
今回は、
・静電気に体質は関係ある?
・原因・予防・対策は?
を紹介していきます!

<スポンサードリンク>

静電気のメカニズム

220px-static_on_the_playground_48616367
画像引用:https://upload.wikimedia.org

静電気は、物体が接触することで自然に発生しています。子どもの頃、下敷きを頭にこすりつけて逆毛を立てるという静電気の実験をというか遊びをしていた覚えがありますが、あんなことをしなくても立ったり座ったりといった日常の動作でも、微量ながら、静電気は発生しています。

しかし、あの「バチッ」とくる感じは冬に多く発生しますね。

その理由は「水が電気を通す性質」だからです。湿度が高い状態であれば、体に生じた静電気は自然に空気中に流れていきます。これを自然放電と言います。しかし、冬など乾燥している季節には、空気中に流れる割合が減ってしまうため、プラスの電子が体に溜まったままになります。そして、ドアノブなど物に触れた際に、一気に物体中のマイナス電子を引き寄せてしまうため、バチッと火花が散ることになるのです。

large
画像引用:http://az416740.vo.msecnd.net

電気を溜め込みやすいのは体質による?

removalofstatic-electricity3-300x219
画像引用:http://promptreport.com

湿度が同じ状態でも、静電気が体に溜まりやすいか溜まりにくいかは、個人差があるようです。溜め込みやすい人を「帯電体質」「静電気体質」などと呼ぶこともあります。この体質になる原因としては以下のことが考えられます。

・乾燥肌
・血流が悪い

血液の理想的な状態は弱アルカリ性なのですが、不規則な生活やストレスが元で酸性に傾いてしまうと、イオンバランスが崩れる(プラスイオンがたまりやすい)状態になります。いわゆる「血液ドロドロ状態」です。そうなると始終マイナスイオンを呼び寄せる状態になり、しょっちゅうパチパチバチバチにさらされることになるのです。

静電気の予防と対策

上記のことより、体質改善が最も大事なことになりますが、そのほかにも、静電気防止グッズを使用したり、着る服の組み合わせによってある程度は防止することも可能です。

静電気防止グッズはたくさんの種類が出ていますので、私もすべては試したことはないのですが、ブレスレット状のものよりは、物理的に静電気を逃がすようなタイプがよろしいようです。

家庭でも手軽にできる静電気対策法をまとめてみました!

静電気対策その1ドアノブに触る前に壁や木を触る

img_1598
画像引用:http://2style.net/hamao333333/img/img_1598.jpg

木や紙など自然素材のものは電気を逃がしやすい性質がありますから、ドアノブに素手で触る前に木の棒で触るという方法でも良いと思います。

静電気対策その2 着るものに気を付ける

冬服にはナイロンやポリエチレンなど、暖かいものがたくさんありますが、福山さんの素材の種類がかけ離れていると、摩擦で静電気がたまりやすくなります。

寒くなると、重ね着をすることが多くなりますが、繊維の種類によって帯電しやすさが異なります。以下に+(プラス)に帯電しやすい方から順に並べてみました。

l_2015-1-26_22c5a026a85a13f7eb96e47e1a19272b
画像引用:http://u2.m3q.jp

ナイロン→毛皮→絹→木綿→アセテート→ポリエステル→ポリエチレン

順番が離れていればいるほど接触したときに静電気が起こる可能性が高くなります。

つまり、絹と木綿を合わせるより、絹とポリエステルの方が静電気は起きやすくなります。
重ね着をする場合は、電位の順番が近いものどうしが良いようです。

それでもパチパチ君はまとわりついてきますから、やはり体質改善は必要でしょうね。

静電気対策その3 血行を良くする

rankingshare-591af8a0bb3811e4981506f78209233f4c23b411a4eecebd2d
画像引用:https://rank.cd-cdn.com

静電気防止というだけでなく、「血流が悪い」という状態は、様々なトラブルを呼び寄せてしまいます。

冷え性・肩こり・肌荒れ・むくみ・・・・・・。昔から「風は万病の元」と言いますが、血流が悪いことはぞれ以前の問題のようです。
免疫力が低下したり、女性が長期間血流が悪い状態であれば不妊症の要因ともなりうるのです。

血流を改善するために即実行してほしいのが、規則正しい生活です。

しかし、人によっては一番難しいことかも!? 

十分な睡眠、栄養、保温は必須条件。風邪の治し方とよく似ていますね。
ゆっくりお風呂に入る、暖かい食べ物を摂る、水分を十分摂る、などから実行してみてはいかがでしょう。

冬に旬を迎える根菜類は体を温める作用があります。自然はうまくできているものです。煮物や鍋などで美味しくいただきましょう。

血液サラサラになって、静電気からもおさらばしましょうね。

(Visited 88 times, 1 visits today)