謝るときにつかう「すみません」

メールやチャットなどでやり取りするときに、「すみません」なのか「すいません」なのか、わからなくなりますよね。

こっちは「すみません」だと思っていたのに、向こうが「すいません」と打ってきたので「あれっ?こっちもすいませんでいいのかな?^^;」と考えてしまったり。

「こんにちは」と「こんにちわ」と同じくらい違いが気になります。

こんな風に、日本語には時々どちらが正しい言葉なのかが分からなくなるような言葉が存在していて、こうして改めて聞かれると応えられない時が結構ありますよね。
今回は、
・「すみません」と「すいません」の違いは?
・目上に対するときはどっちを使えばいいの?
を調べてみました。


<スポンサードリンク>



「すみません」と「すいません」正しい日本語はどっち?

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

「すみません」と「すいません」の違い、
結論から言いますと、どちらも日本語としては正しい表現です。

しかし「すいません」は口語であり、話し言葉なので文字表記としては正しくはないとも言えます。

基本的に口語、話し言葉とは文章で使う文語に比べて砕けた言い方であり、文章では間違いとみなされますし、会話の中でも「軽い」言葉とみなされることが多いです。

より若い方に身近に感じる言葉で言うなら、例えば予定を聞かれたときに「明日です」と答えずに「明日っす」と答えるようなもの。

こう言われたら「すいません」はあんまり正しい日本語ではないかもしれません。

その為目上の人に対して使うのならば厳密に言うなら「すみません」がより相応しいとは言えます。

もちろん「すいません」が更に砕けた言葉である「さーせん」とか「すんません」とかに比べたらはるかにマシな言葉ですが、
この違いを知っている厳しい会社だと怒られてしまうかもしれません。

怒られてからわかることもありますが、
細かいことを気にする方もいるので意識的に使い分けた方がいいかもしれませんね。

dutuu

「すみません」や「すいません」の意味

「すみません」や「すいません」は誰かに何かしてもらった時の感謝や謝罪の時に用いる言葉ですが、具体的にはどういう意味があるのでしょうか?

日本語の意味合いとして具体的にどういう言葉なのかを説明しますと「すいません」は「すみません」が口語として訛った言葉で、「すみません」は「済む」を否定した「すまぬ」と言う言葉を丁寧語にしている言葉です。

もっと分かりやすいようにこの言葉を細かく説明するのであれば「すみません」と言う言葉は

「口で何か言っただけで済むことではありませんが」

と言う意味があります。

その為、比較的深めの謝罪や感謝の気持ちを乗せた言葉であり、相手に「免じて下さい」つまり「許してください」とお願いしたり、要求する言葉である「ごめんなさい」よりも気持ちを込めた言葉と言えます。

「すみません」は感謝や謝罪に最も適した言葉なのか?

 

「すいません」よりも「すみません」がより正しい日本語で、その意味合いから「ごめんなさい」よりも丁寧な言葉です。

では感謝や謝罪をするときに最も適した言葉なのかと言いますと実はそうでもありません。

最も丁寧な形の感謝や謝罪の言葉とは「言い訳することも出来ない」と言うような謝る気持ちを乗せた「申し訳ございません」だからです。

その為本来は目上の人、またはビジネスシーンでは主にこの「申し訳ございません」こそが相応しく、「すみません」はお客様や上司相手には充分なものではないのです。

私も新卒のころにかなり年上の先輩に「すいません」と口をついて出ては怒られていました。

その為「すみません」はあくまで親しい間柄や近しい同僚に対して丁寧に感謝や謝罪の気持ちを表すぐらいの時に使うのが正しい使い方だと言えます。

そしてそれよりも軽い「すいません」は出来れば社会人になったなら使わないように意識することを経験者としてはオススメします。

それこそ「なんちゃって敬語」とか「間違った丁寧語」よりも分かりにくい丁寧にしたつもりで出る言葉なので、言葉に細かい上司から怒られたいという方以外はちょっと意識しておいたほうが良いかもです。

意外と本当に使ってしまうものです。

まとめ

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

「すみません」と「すいません」の違い、言葉の意味、どういう時に使うべき言葉なのかの三つご紹介させていただきました。

こうして説明されてみると納得出来る事なのですが、新卒や学生の皆さんはこういった知識があまりないので、違いが分からないですよね。

しかし実際にコレを知っている人も多いことであり、社会の中ではこうしたことを聞かれて評価されていたりもするものです。

ちょっとした言葉の違いで怒られる日本語って難しいですが、こうして考えてみたり調べてみると結構面白いですよね^^

基本的に「すみません」を使っていれば大丈夫なので、上司や目上の人、取引先の人に使う時はこちらの表現のほうがいいですね!

以上、「すみません」と「すいません」の違いは?でした!

(Visited 172 times, 1 visits today)